デモトレードをしても上達しない、その理由

なぜ、デモトレードをしても上達できないのか?

デモトレードをしても意味がない


投資の世界ではよく「デモトレードをしても意味がない」と耳にすることが多いと思います。

ではなぜ、デモトレードをしても意味が無いのでしょうか?

それはずばり、精神的苦痛、または快楽を伴わないからです。

イメージしてほしいんですが、仮想の取引で損失、または利益をだしたとして
心から悔しがったり、また喜んだりするでしょうか?

現実のトレードでは、この精神状態が勝敗を大きく左右します。

デモトレードでは勝てるのに、本番では勝てない

実際にデモトレードをされた方も多くいるのではないでしょうか?

学んだ手法を試したとこトントン拍子で資産が増え、これは通用すると思いいざ本番へ。

しかし、本番になると資金の増減に耐えられずに逆指値を当初の設定より深めに・・
最悪のケースだと逆指値を外し塩漬け。

そしていざ利益がでると、目先の欲に負け利確。もしくは更に欲がでてしまい利確を先延ばし。

現実のトレードではこのように、正しい行動をしようと頭ではわかっていても
本能的に誤った行動をしてしまうことが多々あります。

デモトレードが全く意味のないものだとまでは断言しませんが、
どれだけデモトレードで経験を積んでも、一定のライン以上に上達しないのは確かです。

僕も過去、デモトレードで堅実に経験を積みましたが、
いざ本番口座でトレードをするとみるみる資金が減っていきました
・・

トレード上達のために何をすべきなのか?

「とにかく実際のお金をトレードしまくること

これに尽きます。資産の増減する感覚を鍛えるには、とにかくやってみるしかありません。

そしてもちろん資金を何度も溶かし、挫折を経験することもあると思います。

しかし投資をする以上この経験は避けては通れません。

挫折を乗り越えてはじめて、トレーダーとしての第一歩が始まります。

今この記事を読んでる方でもし、デモトレードでトレードの精度を高め、
その上でリアルトレードを臨もうとしてる方がいれば、今すぐに本番口座で取引しましょう。

投資で成功するために必要なのは精錬された手法ではありません、

どんな相場にも対応できる「強靭なメンタル」です

例え、どれだけ精度の高い手法を構築できたとしても実際にその手法に沿って行動を
するのはほぼ不可能でしょう。

人間は損失から目をそらし、反面利益は急いでしまう生き物。

まずは、人間の本能を克服しなければなりません。手法は極めてシンプルなものでいいんです。

どういった時にデモトレードを活用するのか?

それでは、一体デモトレードはどのような時に使うのでしょうか?

はっきり言って使う局面はありません。
強いて言えば操作の練習程度に使う程度ではないでしょうか。

投資はポジションを取るタイミングがとても大事です、成行注文だとボタン1つを押せば、
確認画面もでずにポジションを取ってしまうこともあります。

誤った注文でもすぐに決済すれば問題はありませんが、少なくともスプレッド分は損しますよね。
それに、そもそも決済方法がわからない!なんてことにもなりかねません。

ですので、もし新しい口座であったり、ツールで取引を行う際は一度デモ口座で
操作を1通り覚えてから本番口座に移行するのがベストです。

僕も初めてトレードをした際、どれを押せば新規注文になるのかわからず・・・
試しに「買」を押したら証拠金に対して最大lotで注文してしまった経験があります・・・笑

まとめ

  • デモトレードをしても上達しない
  • 上達するためには、本番口座で取引をするしかない
  • 操作方法はデモトレードで覚えよう
タイトルとURLをコピーしました