人間は投資行為が根本的に向いていない?プロスペクト理論を解説

投資をしている人であれば必ず耳にしたことがあるであろう「プロスペクト理論」実際に経験した方も数多くいると思います。プロスペクト理論という概念からすると、投資行為は人間に向いていない行動だということがわかります。

では、どうすれば投資で成功を収めることができるのでしょうか?

今回の記事に参考させていただいた書籍です。投資をする上で必読になる一冊、厚さはそこまでないんですが内容はとても濃いものになってます。

人間は損失を回避したがる傾向にある

微々たる利益を焦って利確、いわゆる「チキン利食い」また、含み損から目をはなしポジションを保有し続けてしまう「塩漬け」投資をそれなりに経験してきた方であれば、この2つは少なからず1回ずつは経験してきたのではないでしょうか?

実はこの行動は2つとも人間が生まれ持った性質であり、避けては通れない道です。

人間の脳はリスクを嫌い、損失をとにかく回避するようにできています。
これだけ聞くとごく自然と当たり前に聞こえるかもしれませんが、この性質が投資をするにあたってとても足枷になってしまうのです。


まず、なぜ利益を焦って確定してしまうのか?それは、「利益を失ってしまうのではないか?」といった損失回避の思考が働き、結果利益を急いでしまいます。

続いて、塩漬け。こちらも損失回避の行動によるものであり、損失をなくしたい一心からなんとか利益に転じるまで耐えようと思い、結果塩漬けにしてしまうのです。

損失を無くそうとした行動が結果裏目にでてしまう・・

利益による満足度と、損失による苦痛は比例しない

人間は利益から得る満足度よりも損失から受ける苦痛の方が大きく感じます。
例えば、100円の利益から得られる満足感よりも、100円の損失から受ける苦痛のほうが倍、人によっては更に何倍も大きく感じてしまいます。

苦痛が多いのであれば、一見損を小さく、利益を大きくすることができそうに思いませんか?
しかし、人間は損失を回避したがる性質を持ち合わせています。

含み益が減ればリスクを過大評価し伸ばせるはずだったポジションを利確。
さらに損失が膨らめばあっという間に許容できる苦痛を超え、なんとか許容範囲まで損失が軽減しないかと期待し塩漬け。


もうひとつ人の特性として、苦痛は一定のラインを超えるとゆるやかに進むようになります。
例えば、1000円の損失に対し10の苦痛を感じるのであれば、2000円の損失に対しては15の苦痛になるように、損失が膨らんでも対して苦痛を感じなくなるのです。

そして、あるときふと我に返ったように損切り。
このように、人間が元々持ち合わせてる特性は投資に全く向いていないのです。

ギャンブルが商売として成立するのも、プロスペクト理論あってのものですね

相場に勝つためにはプロスペクト理論の克服が必須

私たちが投資で安定したリターンをだすためにはプロスペクト理論の克服は避けて通ることはできません。しかし、プロスペクト理論とは人間の本質的な部分であり、改善することはできません(例外はあるかもしれませんが・・)

ではどうすれば克服できるのか?それは、精神的苦痛、満足感を伴わない金額でトレードする。もしくは、お金を取引してるという感覚そのものを捨てる。

実際に私は、トレードする上で金額は見ずに、pips損益のみに注視してトレードを行なっています。金額が上下する様を見てしまうとどうしてもプロスペクト理論が働いてしまいます。

資産推移する様子を見て、思わず手が動いてしまうような方は一度金額が表示される部分をすべて隠してしまうのがオススメです。意外と落ち着いてトレードできます。

プロスペクト理論の克服はハードルがでかいですが、乗り越えればトレーダーとして大きな飛躍に間違いないです。投資初心者の方は、とにかく実際に取引をして何も感じずに利益確定、損切りできるようになるまで頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました