保有効果とは?投資するうえで非常にやっかいな心理効果

保有効果とは、「モノ」を所有すると、他の人よりもその「モノ」を高く評価する心理効果です。

1例を挙げると、オークションでは、入札を行うことで保有効果が働き結果的に相場よりも高い値で競り落とすことになることがあります。

このように人間は1度手にしたものは手放したがらない傾向があり、同じ傾向が投資の世界でも見られます。

今回は保有効果が投資においてどのような弊害になるのか記事にしてみました。

過大評価することでリスクが大きくなる

株や為替、それぞれを売り買いをしている人にも同様「保有効果」は働きます。

保有前では正常な判断がくだせていても、保有後では保有効果を加味し、株、為替等の評価をしてしまうので過大評価に繋がります。

過大評価することで何が起こり得るのか。

例えば、当初の想定利益よりも高く利益目標を設定するとします。
すると、損失は利益に比例しますから結果的に「リスク増加」に繋がります。

投資の世界で生き残る、また稼ぐためにはリスク管理が最も重要と言われています。


保有効果は投資における最も重要な要素である、「リスク」を増加させてしまう要因になるのです。

プロスペクト理論もあわさって更にリスクが高まる

人間は損を回避する傾向にあり、加え利益に伴う満足感と損失に伴う苦痛は比例せず、少ない利益で満足し、大きな損失で初めて苦痛を感じる性質をもっています。

プロスペクト理論から、人間は損はしたくないが、利益をだすための損失であれば一定のラインまで苦痛を感じない。

悪く言えば、含み損からは目を背ける傾向があるのです。

加えて保有効果が働くとどうなるのか?

含み損をだしているポジションがあるとして、客観的に見れば損切するような相場であっても保有効果によって「利益に転じるはず」「少しでも含み損が減ってから損切しよう」のような思考が働き損切りを先延ばしにしてしまうことがあります。

ここでプロスペクト理論より、苦痛を感じにくいがために含み損から目を背け、第2波、3波の暴落が訪れて初めて、「損切しないといけない」ということに気づくのです。

リスク管理が投資において一番大事な行動ですが、様々な行動心理を克服しないといけませんね。

タイトルとURLをコピーしました