在宅でできる!ストック型ビジネスのメリット

ストック型ビジネスとは、形成できれば自分が働いてない時間にも収益をうみだしてくれる業務モデルです。

近年「ユーチューバー」が小学生のなりたい職業ランキング上位になるほどYoutubeを利用したビジネスが注目を集めていますが、Youtubeも動画をアップロードすれば自分が寝てる間にも動画が視聴される限り収益を生み出してくれる「ストック型ビジネス」に該当します。

世間ではまだまだ、フロー型ビジネス「会社に属する」というのが一般的です。

今回はストック型ビジネスにはどんな種類があるのか?どのように業務モデルを形成していけばいいのか?について話してみました。

ストック型ビジネスのメリット

大きなメリットとしては何より、「働かなくてもいい」という点です。

働かない。と言ってしまうと語弊がありますが、もちろんビジネスを構築するまでには相応の時間、努力を要するものになります。

しかし、ビジネスを構築さえできれば収益を確保したうえで今まで以上に時間を仕事以外に充てることができ、より充実した人生を歩めることは間違いありません。

下記記事にて、フロー型ビジネスおよびストック型ビジネスの違いについて比較してますので、興味があればご参照ください。

どんな種類があるのか?

  • YouTube
  • ブログ
  • 投資
  • オンラインサロン

個人でできるものとして、代表的なものは上記のようなものがあります。

他にもnote等のサービスにて定期購読者を得るのもストック収益に繋がりますね。

敷居が低いのはSNS

敷居の低さというのは決して「簡単」というわけではありません。

YouTube、ブログにしても形を構築するまでの道のりは大変険しいものになります。

ここでいう「敷居の低さ」は、事前知識および資金が不要ということです。

最低限の機材準備費用、サーバーのレンタル費用は発生しますがそれは微々たるものです。

また、SNSというのは必然的に人脈を広げることに繋がりますので、今のネット社会において「人脈」という武器はどんなスキルよりも強力なものになります。

収益を得るのがゴールであったとしても、収益以外にも貴重な資産を得られるのがSNSを利用したストック型ビジネスの魅力でもあります。

構築する上での注意点

ストック型ビジネスを構築していく上での注意点としては、「フロー型」にならないことです。

もちろん構築していく過程としては、収益に見合わない時間を対価にすることになりますし、フロー型およびストック型、いずれのメリットも得られない状態が続くと思います。

しかし、継続していけば必ず見合った成果は得られるものになります。

ただ、構築したストック型ビジネスが「メンテナンスに手間がかかる」「質量を継続しなければ収益が見込めない」のであればそれはフロー型ビジネスと同じと言えます。

ストック型ビジネスのゴールとしては「時間」に余裕を作りだすことです。

メンテナンスに手間がかかるのであれば、第三者に委託しつつ利益をだせるよう工夫したり、またブログやYouTube等で毎日継続しなければ収益が安定できないのであれば内容そのものに改善すべき部分があります。

システムを構築するのであれば自分が介入しなくても自立できるような仕組みを作り、SNSを使ったストック型ビジネスであれば今後数年を見越し閲覧されるような内容を作らなければなりません。

ストック収益を構築したつもりが、フロー収益になっていた。なんてことのないよう注意しましょう。

まとめ

  • ストック型ビジネスの最も大きな利点は時間的余裕を作り出せること。
  • 事前資金、知識がない状態で始められるのはSNSを利用したストック型ビジネス。
  • 工夫してビジネスを構築しなければ、ストック収益もフロー収益になり得る。

ストック型ビジネスは名の通り積みあがるもので、趣味がきっかけで始めたものも立派なビジネスに変貌することもあります。

タイトルとURLをコピーしました