在宅勤務でも集中力を最大限に引き出す方法

在宅で仕事をしていると、どうしても集中力を切らしてしまい別の事に手をだしてしまう。また、どうしようもない眠気が襲ってきたりと仕事に手がつかなくなりがちですよね。

集中力を高める方法として有用なのは、ずばり「会社と同じ空間を作ること」です。

会社と在宅で大きく違う点は、

  • 誰にも監視されてない
  • 時間に縛りがない

大きな違いとしてはこの2つです。つまり、この2点について工夫することで在宅での作業効率を格段に引き上げることが可能ということです。

「見られている」という状況を作る

一般的な職場であれば、同僚、上司または部下の方と共に仕事をするかと思います。

しかし、在宅ワークであれば仕事をしているのは自分一人です。
この一人の環境だと、どうしても集中力が散漫してしまい作業効率が最悪な状態になってしまいます。

そこでオススメな対処方法がずばり、「鏡を置くこと」です。

パソコンを使って仕事をしているのであれば、PCデスク上に鏡を置きましょう。
するとふとした時に鏡を目にすると、集中力が散漫してしまっている自分の顔が映し出され、身が引き締まります。

気づくとスマホを弄ってしまっていたり、他の作業に没頭してしまったり、気づかないうちに手が止まってしまうような人にはかなりオススメな対処方法です。

100円ショップで売っている手鏡をデスクに1つ設置するだけで、生産性がかなり向上します。

気が抜けてしまってるときの自分のマヌケ面は・・なんとも言えない気持ちになります

時間を管理する

どんなことにもメリハリをつけることが大切です。

在宅ワークの方に多いのが、時間に縛りがない分好きな時間に仕事をしよう。といった考え方です。

もちろんその考えで生産性の高い仕事ができれば文句はないのですが、実際はそう上手くいきません。
デスクに8時間へばりついていたのに、実際は1時間程度の作業しかできていなかったなんてことは日常茶飯事です。

限られた時間を最大限有効活用する方法としては、1日のスケジュールを決めることです。

何時から何時までは仕事、その間のリフレッシュタイム、またランチの時間もあらかじめ決めておくと尚良いです。

スケジュールを組むなんて当たり前のようなことですが、意外にやってない人は多いです。

人間の集中力は持続時間が限られているので、あらかじめ作業時間と休憩時間を決めて置くと高い集中力を維持して作業ができます。

例として実際に私はまず起床してから1日の中で仕事をする時間を決め、1時間集中して作業、15分の休憩を挟んで再び1時間のサイクルで仕事をしています。

丸一日作業に没頭するよりも、遥かに生産性が高いです

タイトルとURLをコピーしました