損切りできないのはなぜ?損失回避の法則

投資において「損切り」という行動は何よりも大切です。

どれだけ稼ぐ術を身に着けようとも、資産を守る能力が身につかなければ、いつか必ず資産は相場に溶けてしまいます。

しかし人は「損失回避の法則」から、根本的に損切りができない生物です。

今回は損切りができない心理を克服するために、「損失回避の法則」の特性、また対処する方法について記事にしました。

損失回避の法則とは

損失回避の法則とは、人間は「得をすること」よりも「損をしないこと」を選んでしまう法則のことです。

損失回避の法則の実験例として以下のような例があります。

A:必ず10万円を失う
B:2分の1の確率で20万円を失う

堅実な方であれば、Aを選択するかもしれませんが、実際にはAよりもBを選ぶ人が多かったのです。

これは意外な結果に感じる方もいるかもしれませんが、このような実験からも人は「リスクを背負っても損失を回避したがる」傾向にあります。

損失回避のためにリスクを背負う

トレードでは、リターンを得る術というものはそこまで重要視されていません。

「いかにリスクを軽減するか」が相場の世界で生き残っていく術であり、資産を築き上げていくための心構えです。

しかし人は損失回避の法則より、「含み損が少なくなるかも」「利益に転じるかもしれない」と希望的観測から損切りを先延ばしにし、リスクを肥大化させてしまいます。

損を少なくしようとする行為が、返ってリスクを膨らませてしまう行為になってしまうのです。

リスクを少なくするためにも、損失回避の法則に逆らう必要がありますね。

対抗し、損切りできるようになる術

迷うことなく損切りをするためには、損失回避の法則に囚われないことが絶対の条件になります。

しかし、心理効果は人が生まれ持った性質ですから、根本的に改善することは、生まれつき損失に対する苦痛を伴わない性格でない限りは不可能です。

損失回避の法則から逃れるためには、損切りする際に精神的苦痛を伴わないように工夫することです。

具体的な方法として2つ挙げると、

  • 投資額を減らし精神的苦痛を減らす
  • リスクを増やさないように限定的にする

以上2つが具体的な対処例になります。

投資額を減らす

損失回避の法則は、許容リスクを超えれば超えるほど心理効果が高まります。

逆を言えば、「リスクが少なければ正常な判断ができる」ということにもなります。

投資額を減らすことによって、同じ損切りでも損失する額は変わり、普段であれば躊躇するような場面でも躊躇わずに損切りが可能になるでしょう。

損失回避の法則に逆らう対処として、「レバレッジを低くする」「lot数を減らす」といった対処は非常に有効的です。

リスクを固定する

あらかじめリスクを限定し、損切りの判断そのものを捨ててしまうことで損失回避の法則から逃れることが可能です。

具体的には、損切りはストップ決済のみで行うということです。

もちろん、絶対条件としてストップ決済をずらさないことが条件になります。

もしも、ストップ決済をずらしてしまうのであれば、ポジションを建てたあとは決済されるまで相場を見ないことも1つの手段です。

リスクコントロールするためには、自身のメンタルを保つことが大切です。もしぶれてしまうのであれば、手法そのものが自身に合ったものか見直しましょう。

最後に

投資ではリスク管理がとても大切です。

過度なリスクを抱えないためにも、損切りをすぐに決断できるような判断力が必要です。

そのうえで、「損失回避の法則」という心理効果は私たちに損切りの判断を迷わせます。

損失回避の法則に対処することで、トレードの実力は数段上がります。

心理に囚われないよう、メンタルコントロールできる投資を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました