FXの勉強はなにから始めればいいのか?【投資初心者】

FXをこれから始める、もしくはすでに始めている方で、「なにから勉強すればいいのかわからない」もしくは「なにを勉強すればいいかすらわからない」等の疑問があるかと思います。

私自身、投資そのものは2014年から始めていましたが、当時は何を勉強すればいいかさっぱりわからず、手当たり次第に取り入れ学習していました。

今回は投資初心者、もしくは今から投資を始められる方に「何から勉強すべきか?」について記事にしました。

【結論】実践することが一番の近道

結論から言うと、実際にトレードをするのが一番の勉強になります。

手法を勉強し、どのようにトレードをすれば利益をだせるか研究し、実際にトレードを始めるのも間違いではありませんが、必ずと言っていいほどトレードは失敗に終わり再度手法を研究することになり最初に学んだ時間は無駄になってしまいます。

実際にトレードを繰り返し、失敗を繰り返していくことで相場観が身に付き、メンタル面が養われていきます。

FXで勝敗を分けるのは心理的要素が多く、チャートの勉強をどれだけ積んでも勝率とは結び付かない場合が多いです。

勝敗を分けるのは心理的要素

スポーツの世界でも、本番で発揮できる実力は100%ではありません。

練習では簡単にできることでも、本番ではプレッシャーによる緊張、焦りからいつも通りのプレーができなくなってしまいます。

このことは投資でも同様のことが起きます。

例えば、利益がでている状況では人間は心理的に早く利益を確定したくなり、一方損失は苦痛を受け入れることができず、損切りを先延ばしにし、損失を過剰に膨らませてしまいます。

実は、トレードの勉強そのものはそこまで難しいものではなく、テクニカル分析も単純なものであれば一朝一夕で身につけることも可能です。

しかし、トレードではどれだけ技術を身につけても、心理的要素が行動を阻害し100%の実力はおろか、半分以上の実力をだすこともトレードでは困難です。

実際にトレードを繰り返し、心理面を鍛えていくことがトレード上達、学習するうえでの一番の近道ですね。

自分の性格を分析したうえで手法を学ぶ

トレードの手法としては無数にあり、テクニカル分析で検索すれば、いくつもの手法がでてきてなにを取り込めばいいのかさっぱりわからなくなってしまうと思います。

手法は、すべて勝てる手法であり、また勝てない手法でもあります。

短期足では通用するような手法も、長期足では通用しない、または一定の期間では有効的であったりどの手法も、 必ずどこかのチャートに当てはまります。

ではどの手法を学べばいいのか?となりますよね。

どの手法を学ぶかは、自分の性格を熟知したうえで選定する必要があります。

例えば、熱くなりやすい性格であれば、何度もトレードを繰り返すような短期売買では冷静さを欠いて手法に背いたトレードをする可能性があるので、長期的な手法でトレードをするのが好ましいです。

どれだけ学んだとしても、実際のトレードでは心理的要素が行動を阻害しますから、自分自身の性格に沿ったトレードを行うことが大切です。

自分の性格にトレードがあっているかどうかは、やはり実践を積む他ありません。どういったトレードであれば冷静さを欠かないか自己分析しましょう。

最後に

トレードで勝ち続けるためには、まず手法を確立させることが必要です。

しかし、自分の性格に合った手法でなければ、手法を扱いこなすことはできません。

失敗前提にはなりますが、失敗したうえで自分を知ることが一番の近道になります。

タイトルとURLをコピーしました