ブロックチェーンとは?次世代を拓く革新技術

ブロックチェーンという技術はざっくりと説明すると「管理者が不在の管理システム」正確には、個々が監視をし合う監視システムを構築することができる技術です。

世間では暗号資産、ビットコインの普及によりその名を大きく知らしめました。
しかし、ブロックチェーンという名前は知っていても、どういった技術なのかはあまりわかってない人も多いのではないでしょうか?

今回は 坪井 大輔 氏による『WHY BLOCK CHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?』より一部抜粋しながらブロックチェーンについて、だいぶ噛み砕きながらにはなりますが解説します。

ブロックチェーンは4つの技術から成る

ブロックチェーンのイメージとしては、データをブロックに詰め、詰め込んだブロックをチェーン状にしたものです。

データを皆で監視しながらブロックに詰め、そのブロックを個々に渡しチェーンで繋ぐ。
チェーンで繋いでるからブロックに不正されれば皆が気付く。

この皆で監視し合うという考えによって、管理者不在でも成り立つ仕組みになっています。

本書では、ブロックチェーンは4つの技術を組み合わせたものだと記されています。

その4つの技術が下記のものです。

  • 暗号化技術
  • コンセンスアルゴリズム
  • ピア・トゥ・ピア(P2P)
  • DLT(分散型台帳技術)

まず暗号化については、ごく一般的な暗号化技術を指します。

現代のネット社会においてデータを送受信するときには、ほぼ全てのデータが送信と共に暗号化され受信と共に複合化されています。

それと同様でブロックチェーンを使用するにあたって、いずれかの暗号化技術を組み合わせることは大前提の話になります。

コンセンスアルゴリズム

データをブロックに詰めるとき、皆に確認を取りながらデータを詰めていきます。
この作業がコンセンスアルゴリズムと呼ばれるものです。

ビットコインで言うところのマイニングがコンセンスアルゴリズムにあたります。

ビットコインでは整合性を保つために、皆で共有するデータに莫大な量の取引履歴を追記しなければなりません。その作業がマイニングと呼ばれます。

ただし、管理人が存在しないブロックチェーンでは個々がその莫大な作業をやらなければなりません。そこでビットコインでは作業の見返りとしてマイニングを成功させた者に報酬としてビットコインが発行されます。
(発行上限は2,100万ビットコインと決められている)

新規発行を巡って日々マイニングを行う人たちによって、ビットコインの安全性は保たれています。

データの安全性を保つために、コンセンスアルゴリズムの仕組みは必須です。

ピア・トゥ・ピア(P2P)

P2Pは、サーバーを介さずに端末同士で通信を行う技術です。

技術を使用した代表例として、LINEアプリが挙げられます。LINEではサーバーを介さずに写真などのデータが共有できます。

一方世の中の通信はほとんどがクライアントサーバー型です。

例えば、Youtubeはクライアントサーバー型と呼ばれる通信方式で、端末同士はGoogleのサーバーを介して通信しています。

仮にもしLINEがクライアントサーバー型でデータの送受信を行えば、LINEはとてつもない規模のサーバーを用意しなくてはならず、Youtubeのように写真を送受信するたびに広告をつけなくてはならなくなってしまいます。

P2Pでは端末がサーバーの役割も担うため、サーバーに負担をかけず、かつ高速なやり取りが可能です。

しかし、良い面だけでなくサーバーを介さないということは管理するものがいないために一定の危険性がまとわりつきます。Youtubeであれば、不適切と判断されればGoogleから非公開にされたりしてしまいますよね。

DLT(分散型台帳技術)

DLTとはDistributed Ledger Techonologyの略で、日本語に訳すと「分散型台帳技術」となります。

では具体的にどのような技術なのか?

まず、DLTの対として中央型台帳を例にします。

預金のデータがあったとして、口座残高は100万円です。このデータを管理しているのは銀行であり、もし仮に銀行が攻撃されデータを紛失すれば100万円のデータはなくなってしまうことになります。

一方、DLTであればデータを分散して管理しているため、一ヶ所でデータが攻撃を受け改ざん、紛失されたとしても他で管理してるデータによって復元、そもそも改ざん自体が非常に困難です。

しかしもちろん美味い話ばかりではありません、全員で管理するということは、全員が視れるということになりますからプライバシーに直結する情報は管理できません。

本書でも述べられていますが、プライバシーに直結しない情報を入れるのがブロックチェーンの正しい使い方です。

次世代、ブロックチェーンはどのように活用される?

ブロックチェーン技術はビットコインによってその名を世間に知らしめました。

しかし、決してビットコイン=ブロックチェーンではなく、あくまでも「ブロックチェーンを用いれば通貨作れるんじゃないか?」といった思考から生まれたのがビットコインであり、技術自体はかなり昔から存在しているものになります。

ただ、ビットコインが火付けとなり世間がブロックチェーンに着目し活用され始めています。

ブロックチェーンの目的は管理者を必要としないシステムの構築です。

極論を言ってしまえば、最終的には国そのものを無くしてしまうものかもしれません、あまりにも極端すぎますが、今後の社会の中でブロックチェーンがインフラに取り込まれていくのはほぼ確実でしょう。

1世代前であれば、スマートフォンを使って簡単にネットにアクセスできる社会なんて誰も想像してませんでしたからね。

ブロックチェーンが今後の世界にどんな作用を生み出すのか楽しみですね

タイトルとURLをコピーしました