ビットコイン(BTC)急落!今後の価格を予想してみる【暗号資産】

2020年度末からビットコインは凄まじい勢いで伸び続け、2017年のバブル期の価格よりも2倍以上になる最高値をつけました。しかしその後急落をし、暗号資産のCMも流れ出したことから、前回のバブルと状況が似てることから危機感が漂っています。

それでは今回、ビットコインの今後の価格について、チャートから得られるヒントをもとに予測していきたいと思います。

チャートから得られるヒント

ではまず早速になりますが、前回のバブルから、今回のバブルまでのチャートを週足でご覧いただきます。そこで着目してほしいのが、「出来高」です。

見てみれば一目瞭然です。2017年末から、2018年初にかけては非常に出来高がありますが、今回の高騰時には前回程の出来高がありません。これらからこういったことが予測されます。

  • 売買をしているのは大口である。
  • 取引者数は前回よりも少ない。

2017年のバブルでは、メディアの煽りからも投資未経験であった方も新規参入し界隈は大きな賑わいを見せていました。しかし、現在は過去の前回の暴落からも危険視され、取引をしているのは経験者であったり、長らくホルダーをしている方々たちなのです。

前回と今回では状況が異なる

前回と今回では状況が大きく異なります。もちろん、世界の暗号資産に対する捉え方もポジティブに変化してきてることももちろんですが、取引している方たちが大きく異なるということです。

前回の高騰では、まさにバブルでありお祭り状態であり、初めて投資を経験した方も多かったと思います。そこで急落すればパニック売りが始まり、それが更に売りを呼ぶ状態となり下落に歯止めが効かない状態に陥ってしまったのです。

しかし今回の高騰はホルダー達が地盤を固めた上での高騰です。つまりは、前回のような相次ぐパニック売りのような光景が起こることはないのではないかと考えています。

暗号資産が世間に更に認知されることで、更なる高騰もあると考えています。

▼ビットコインを安全に取引するなら▼

bitbank

更なる下落の可能性は?

チャートから見れば、200万円台までは調整と捉えてもおかしくはないでしょう。しかし懸念されるのが更なる下落のリスクで、100万円台、もしくは100万円を割るような可能性はあるでしょうか?

もちろん何事もおこるのが投資ですから、最悪の場合はビットコインに何かしらの欠陥が見つかり、価値がなくなってしまう可能性も視野にいれておかねばなりません。

ではそれらを除いての場合ですが、前項でも話した通り個人投資家たちによるパニック売りが起こる可能性は低いのではないかと考えています。しかし、反面気を付けたいのが「大口の叩き売り」です。

今回の高騰は出来高があまり高くなく、大口による一方的な売買が行われている可能性があり、もしそうだった場合大口がそれらを手放してしまった際価格が元の水準まで戻ってしまう可能性が考えられるということなのです。

最後に

今で十分高騰となっているビットコインですが、今後更なるポジティブニュースがでれば、更に大きく値を更新していく可能性もあり、反面些細なネガティブ材料で大きく値を下げる可能性もあります。今は目を離さず、常にアンテナを張り続けていきたい局面ですね。

▼暗号資産の将来について▼

▼ビットコインの仕組みを学ぶ▼

参考文献

タイトルとURLをコピーしました