クレジットカード払いでお金を使いすぎてしまうのはなぜ?【行動経済学】

クレジットカードはアルバイトでもしていれば学生でも作ることができ、比較的容易に入手することが可能です。

近年ではカードが信用の担保になり、カードがないと携帯電話が契約できなかったり、またネットショッピングではカード決済のみ有効であったりとクレジットカードの使用を強いられる場面にでも出くわしますよね。

カード決済は手間がなく、また支払いも一元管理できるため非常に便利です。しかし、その便利さゆえについつい使いすぎて悩んでいる方もいるのではないでしょうか?


今回は行動経済学の観点から、なぜ人はカード払いになると、ついついお金を使いすぎてしまうのか?というテーマで記事を書かさせていただきました。

カード払いをすると出費の痛みが和らぐ

お金を使うこととは逆に、使わない場合の心理とはお金が減ることの苦痛から逃れるためです。

人は、現金払いよりも、カード払い中心にしたほうが出費が多くなることが、過去多くの実験からも実証されています。

この理由としては、人は苦痛から逃れる性質があり、またカード払いの場合出費に対する苦痛が現金払いよりも少ないためです。

実際にカードを利用することを想像してみてください。例えば、日々の買い物をカード払いにするとして、それはその都度支払っていることを実感できるでしょうか?

答えは異なり、実際に支払いを実感するのはカードの支払い期日を迎えたときです。カードを利用する過程では、カードの利用明細が積み重なっていくのみで、支払いは未来に行うためカードを使用したタイミングでは利用者は現金を損失する痛みは伴っていないのです。

この、消費と出費のタイミングが異なるところがカード払いにするとお金を使いすぎてしまう理由なのです。

消費と出費・・・これらが異なるだけで人は勘違いをしてしまうのですね

一元管理できるがゆえに使いすぎる

クレジットカードで支払いを行えば、WEB明細等で支払い状況を一元管理できます。しかし、支払いが1つにまとまってるがために余計な出費が増える場合もあります。

仮にあなたが現在、計10万円の利用がある状態で、200円ほどの軽食や飲み物などといったちょっとした贅沢を頭がよぎった際それを躊躇うでしょうか?

もしも、財布の中に限られたお金しかなければ余計な出費をだすことには躊躇うことでしょう。しかし、カード決済の場合は異なり、計10万円利用があればそれに対し200円はわずか0.5%ですから増えたところで変わらないと考えてしまうのです。

ネットショッピングでも大きな買い物をするとき、ついつい余計な小物をおまけで購入しった経験はありませんか?それと同じ心理がカード決済でも働いてしまうのです。

たしかに、カード決済をすると総額基準で考えてしまい、1つ1つの値段はあまり意識が向かなくなってしまいますね。

総額ではなく、1日や1回の出費に細分化して意識することが大切ですね。

最後に

人は心理的に、クレジットカードの性質から無駄使いが多くなってしまう傾向があります。しかし、現代においてカードは非常に便利なものであり生活と切り離すことは難しいものです。

意識しなければ無駄な出費が増えてしまうことで損をしてしまいますが、賢く使えば支出の管理は容易ですし、またポイントが貯まる等のメリットもあります。心理の罠にハマらないよう心がけ、賢くカードを利用するようにしましょう。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました