暗号資産(仮想通貨)の需要って?なぜ実体のないものに価値が付くのか

2017年に空前の暗号資産バブルが起き、投資とは無縁の生活を送ってる人でも「ビットコイン」の名前を知っているぐらいのブームとなりました。
しかし、そんなバブルも1年足らずで崩れてしまいある疑念だけが残りました。

「結局のところ、暗号資産に需要はあるのか?」

実際に投資を行っていた人たちでも、ボラティリティの高さ故に投機対象として暗号資産の本質を知らずに投資していた人たちも多いと思います。

今回は、そんな暗号資産について、「そもそも暗号資産とはなんなのか」を重点に話していきます。

bitbank

暗号資産は新たな通貨の形態

法定通貨とは異なる新たな通貨

まず、現代において広く流通しているのは円やドルといった法定通貨。国によって定められている通貨であり、日本であれば円が日本銀行より発行され流通していますよね。

一方、暗号資産は銀行のような発行元が存在しません。誰にも管理されることなく、プログラムによって自動生成され例えばビットコインであれば2100万枚を上限に発行されています。
(※発行元が存在する暗号資産も存在します)

管理されてないと言われると、とても危険に感じるかもしれませんが殆どの暗号資産が「ブロックチェーン」という技術を利用することによって安全性を確保しています。

電子決済と何が違うの?

電子上の取引ができる点で酷似しており、電子決済と暗号資産の区別がつかない人も多いのではないでしょうか?

一見同じもののように感じてしまいますが、電子決済は結局のところ法定通貨を電子化したものであり、例えば国際間の取引をする際には必ず円→ドルのように外貨に両替してから決済しています。

一方暗号資産は、例えばビットコインであればどこの国でも価値は同一のため、両替をせずに離れた国同士でも取引ができます。

通常の国際間決済であれば各銀行を介して取引されますが、暗号資産であれば取引をする者同士の間で直接取引されるため手続きが少なくスピーディな取引が実現できます。

これが電子決済との大きな違いであり、暗号資産におけるひとつの大きな強みです

安全性に問題はないか?

暗号資産もとい仮想通貨は「仮想」という名称のせいもあってか非常に怪しい、興味がある人でも「本当に安全なのかな?」と身構えてしまってもごく自然なものかと思います。

結論から言ってしまうと「安全」です。ビットコインを代表としてほとんどの暗号資産にブロックチェーン技術というものが採用されており安全性が確保されているのです。

ブロックチェーンをきちんと理解するためにはかなり学習が必要となりますが、簡単に言うとユーザー同士が互いに監視し合って安全性を保っています。

法定通貨のほうが安全であるという風に思ってしまうかもしれませんが、盗難であったり、偽札のリスクを考えれば遥かに暗号通貨のほうが安全性が高いです。

ただ、現在(2020年5月)は価格の変動が激しすぎて通貨としてではなく投機対象として成り立ってますね。暗号資産の認知が高まれば価格も安定してコンビニでもビットコインが使えるような時代がそう遠くないうちにくる気がします。

暗号資産の強み

中央管理者が存在しない

中央管理者とは銀行であり、または国を指します。法定通貨は銀行への信頼、国そのものへの信頼をもとに価値が成り立っています。

これは逆に言ってしまえば、法定通貨の価値は銀行が舵をとっており、国の信頼がなくなってしまえばあっという間にその国の通貨は価値を失くしてしまうことを意味しています。

反面、暗号資産は一部を除いて中央管理者が存在してないため誰にも価格操作することができません。これは、法定通貨にはない大きな魅力です。

各国間での送金がスムーズ

暗号資産で最も大きな強みが離れた相手とも、特に短い時間で送金が行えるということです。

通常であれば国内の相手だとしても必ず銀行を介しますし、加えて手数料もかかります。
相手が海外であればさらに時間は要しますし、手数料もさらに加算されます。

その点、暗号資産は銀行を介さずに直接相手とやりとりするため、時間も極めて短く手数料も一定のため遠い相手へ送金するとしてもデメリットが増されることがありません。

各国のインフラもとてつもない速度で整ってきてますから、これからは各国間での資金のやりとりが更に増していきます。そんなときに暗号資産が活躍するのです。

すでに暗号資産の利用を取り入れてる企業も多く存在します。暗号資産の需要は月日を追うごとに増し、いずれはなくてはならない身近な存在になるでしょう。

bitbank
タイトルとURLをコピーしました