暗号資産の今後はどのようになるか?【将来予想】

暗号資産(仮想通貨)は2017年のバブルでひと際賑わいを見せ、その後は下値を推移していました。

暗号資産は下落後、非常にギャンブル性の高い投機対象として見られたり、もう上昇することは無いなどと言われ、現在も世間的には怪しいイメージが定着しています。

しかし、2020年、再び暗号資産の代表格ビットコインが200万円を抜け話題になっています。

そこで、暗号資産は今後どのような将来を形成していくのか?について記事にさせていただきました。

暗号資産の市場価値は未知数

暗号資産の市場価値はどうなるか?それは結論を言ってしまえば全ての投資対象に当てはまりますが「未知数」です。

しかし、未知数という言葉だけでは非常に無責任ですから、個人的な主観ではありますが暗号資産の未来像について真剣に考えたいと思います。

結局暗号資産に将来性はあるの?

暗号資産については皆さんがその将来性について深く疑問を抱くところでしょう。

実際にビットコインも高騰し話題にはなりましたが、その実態の認知度はまだまだ薄く、暗号資産がどういうものなのか?については世間には全く認知されていません

つまり、現状としては暗号資産はスタートラインにも立ってないのが現状といったところです。

暗号資産は現状、始まってすらいない

暗号資産は現状としては始まってもない状況です。

実際に、2020年時点で、銀行と提携したりなど影で動いていたりもしますが、実際に通貨としては、特に日本では認知度も殆ど持たれてないのが事実です。
(反して、法定通貨の価格が安定しない発展途上国では、ビットコインが主要通貨として使用されているような事例も存在します)

つまり、暗号資産はスタートラインにもまだ立ってない現状ですから、逆に言ってしまえばスタートラインに立ってない現状にも関わらず今の価格で推移しているのです。

そう言い換えれば、なんだかワクワクしてきませんか?

誰もが暗号資産を認知する時代でどうなるか?

前項でも話しましたが、暗号資産は現状世間的にはほとんど認知されてない状態です。

もしこれが仮に、誰もが認知し、生活の中で当たり前に使われるような時代になれば暗号資産の価値はどうなるでしょうか?

暗号資産は、発行枚数に上限が設けられているものが殆どですから、生活の中で使われるようになればその分通貨の希少価値が上がりますから、現状とは比較にならないほど価格は上昇することでしょう。

暗号資産はオワコンなど言われたりもしますが、まだスタートラインにすら立ってませんから将来性はかなり期待できますね。

法定通貨に代わる通貨になり得るか?

暗号資産が価値を持つためには、法定通貨に代わり通貨として流通する必要性があります。

しかし、流通するためには法定通貨以上に使用するメリットが必要です。

暗号資産といえばデータ化されたものですから、電子決済が可能なところに大きな優位性があるようにも感じられますが、現状としては暗号資産の利用方法も2020年時点では馴染んでおらず、現金をチャージして利用するpaypayなどの電子決済が主流になっています。

つまりはやはり、暗号資産が今以上に認知度を高め、更にその利用方法も世間に馴染むことが法定通貨に代わる通貨になること、また暗号資産が再び価格を上げるために必要ですね。

しかし暗号資産にも、現時点で法定通貨にないメリットが存在します。

bitbank

法定通貨にはない暗号資産のメリット

暗号資産は、法定通貨にはないどのような長所が存在するのでしょうか?

まず1つが、暗号資産は法定通貨と異なり国に依存しないためインフレリスクに強い点です。

例えば日本では中央銀行が、国の情勢を見て通貨の流通量を制限し経済をコントロールしています。

しかし、この通貨の流通量を間違えればあっという間に通貨は価値を失い、極端に言えばトイレットペーパーを1万円で購入するような時代もあり得るのです。

この点で、暗号資産はブロックチェーンの仕組みから管理者が存在しませんから、価値が保たれる長所があると言えます。

続いて2つめが、世界各国でどこでも利用できる共通通貨であるという点です。

通常海外旅行に行けば、その国の通貨に両替し、手数料もとられまた再び日本円に戻すときに、為替価格の変動により損をするリスクがあります。

しかし暗号資産は世界のどこにいってもビットコインは同じビットコインなため両替の手間無しに利用できます。

2020年では、コロナの影響により海外への渡航自体が難しい状態ではありますが、今後コロナが過ぎ去り、再び国際交流も今以上に活発になればこの暗号資産の特性はかなり注目を浴びることは間違いないと言えるでしょう。

▼参考にしたい記事▼

▼ブロックチェーンについてはコチラ▼

暗号資産にある懸念材料

前項で、暗号資産が法定通貨にもたないメリットを説明させていただきました。

しかし、暗号資産にも多くの問題があります。

暗号資産を通貨とするうえで難しい代表的な特徴をいくつか挙げさせていただきます。

価格変動が激しい

暗号資産が通貨として流通するうえで一番の懸念材料は、現在の価格変動にあります。

現在、暗号資産の価格変動はすさまじく、日本円で言えば対ドルで1週間で100円から200円に価格が変動してしまうような状態です。

この状態では通貨として扱うにはやはり懸念されるところであり、また価値を安定させるためには流通量が必要ですから今以上に暗号資産が認知される必要があるといった矛盾する要素を持っています。

価格を安定すれば、信頼性が上がり使用される可能性も高まりますが、安定させるためには取引がさらに活発になる必要性がありますね。

データゆえの管理の難しさ

法定通貨は銀行に預けたりなど、また財布にいれたりなど、管理方法が定着しています。

しかし暗号資産はデータがゆえにメリットもありますが、その分管理が難しいものです。

暗号資産の主な所有方法としては、USBメモリーのようなものに保存したり、またスマホアプリなどに保管する方法があります。

しかしその保存方法であったり、また使用方法も多少暗号資産への知識がないと扱いができないものになります。(取引所での売買は取引所がすべて代行してくれているため容易ですが)

もちろん、今後暗号資産を保管する方法や、利用する手段として画期的なアイテムが開発されたり、アプリができたりするかもはしれませんが現在はあまり存在していません。

例えばメモリーに100万円分の資産をいれて、メモリーが故障すればその100万円はどこにも存在しないものになってしまいます。

最後に

今回は暗号資産の今後について記事にさせていただきました。

暗号資産はかつてのバブルから、一度日の目を浴びて、今は影にいるような状態ですが実際はまだ一度も日の目を浴びてない状態だと私は考えてます。

まだまだ先は長いですが、今後暗号資産がもっと広く利用される未来がくれば、ビットコインが今の100倍以上の価格をつけてもなんら不思議ではないのではないでしょうか?

bitbank

参考文献

タイトルとURLをコピーしました