FXでは時間足を固定することがとても大切。という話

一般的なトレードツールでは大体が1分足から始まり、最大で月足まで表示ができるものかと思います。

初心者の方、過去の私含めてですが複数の時間足を見てしまう方が多いのではないでしょうか。

トレードするにあたって複数の時間足を見てしまうのはNGです。
しかし、ひとつの時間足のみに固着するのもまたNGです。


これでは話が矛盾してしまうかのようになってしまいますが、複数の時間足を見ることは大事で、それぞれ目的別ごとに見ることが大切なのです。

ではタイトルの「時間足を固定すること」とは何を指すのか?

それはずばり、「実際にトレードを行う時間足を固定する」ということです。

今回はFXにおいて、時間足を固定することの大切さについて記事にしてみました。

時間足ごとによってトレンドが異なる

トレードの手法として代表的な手法が「順張り」です。
トレンドに逆らわず流れに乗っかるといった手法ですよね。

しかし、今見てる時間足では上昇トレンドであったとしても、上位足では下落トレンドかもしれません。

このようにトレンドは時間足ごとに異なっています。

記事の出だしで「トレードをする時間足を固定する」と言いました。

この言葉が指す意図としては、まず上位足などで大きな流れを見て、実際には下位の足でエントリーするタイミングを計るといったことです。

具体例として、上位足が上昇トレンドを成形しているのであれば、下位足で反発を確認し上昇し始めた際にトレンドに乗っかっていくのです。

仮に上位足が下落トレンドを形成してるのであれば、下位足では上昇トレンドだったとしてもそれは「再び下落するための反発」である可能性が高く、同じ上昇トレンドであってもエントリー根拠がぶれてしまいます。

リスクを一定に保つためにもトレードする時間足を固定することは大前提ですが、他の時間足の動きを見ることで更に精度の高いトレードを行うことができますね。

まとめ

・トレードを行う時間足は固定し、抱えるリスクを一定に保つ。
・トレードする時間足だけに囚われず、上位足等を確認し別の時間足の流れを確認することも大切。

タイトルとURLをコピーしました