投資で勝ち続けるためには?【FX】

投資には様々な手法があります。

チャートから分析するテクニカル手法であったり、または社会情勢から判断するファンダメンタルズ。

くわえその中でも短期、中長期とトレードの手法は分かれていきますよね。

投資で生計を建てようとしている人であれば尚更ですが、短期、中長期売買に関わらずトレードを何度も繰り返していくものだと思います。

投資人生は最終的に利益で終われば良いですし、また損益グラフが右肩上がりになれば理想的ですよね。

今回は、損益が右肩上がりになるよう、トレードで長く利益を積み上げていくためにはどうすればいいのかについて記事にしました。

収益を安定化するためには再現性が必要

トレードで収益を安定化させるためには、利益を出し続けることが必要です。

結論から言ってしまうと、収益安定化のためには再現性のあるトレードをする必要があります。

例えば、金融緩和等により数百pips利益を出せたとしてもそのトレードは再現性をだすことは難しく、1度きりの利益となってしまいます。

トレードは何度も繰り返し行うものですから、天才的な相場観でも無い限り偶発的に起きた利益を何度も積み重ねていくことはとても難しい行為です。

また、再現性のあるトレードを行うことで、自信をもってトレードができるので相場の急変動等にも惑わされることなくメンタルを保ち一貫性のあるトレードが可能になります。

繰り返しトレードを行うのであれば、再現性を高めることで

再現性が高いトレード手法

再現性が高いトレードの手法としては、結論を言うとテクニカル分析になります。

例えばファンダメンタルズでの取引であれば、再現性が高いのはアノマリーであったり、または経済指標の結果から予測して取引するような方法が挙げられます。

しかし、ファンダメンタルズではどれほど値幅がでるのかを予想することは難しく、規則性を見出すのが困難なため再現性を高めることは至難の業と言えます。

一方、テクニカル分析であればチャートから規則性を見出してトレードするため、一定の値幅で取引することが可能なので再現性が高いと言えます。

再現性が高いのはテクニカル分析

テクニカル分析であれば、規則性のある、再現性が高いと言えるトレードが可能です。

チャートは上昇トレンド、下落トレンド、またはレンジの3パターンしか存在せずいずれのチャートパターンでも一定の規則性があります。

例えばレンジ相場であれば、上下に抵抗線があり、またトレンドであればトレンドラインがあり、それぞれラインを利用したトレードが可能です。

チャートはなにかしらの法則性が必ず存在します。時間足をも固定すれば、値幅を一定にしたより再現性の高いトレードができます。

投資で長期的に利益をだしていくためには、トレードに再現性をだすことが重要ですね。

最後に

相場で長く勝ち続けるためには、1回1回のトレードに消耗するのではなく、再現性の高いトレードを淡々とこなしていくことが勝ち続ける秘訣です。

再現性の高いトレードをするためには、ファンダメンタル以上にテクニカルを主体として手法を利用することで再現性の高いトレード=勝ち続けられるトレードを行うことが可能ですね。

タイトルとURLをコピーしました