ハウスマネー効果とは?幸運で手に入れた利益は粗末に扱う【行動経済学】

宝くじで高額当選をした方には「その日から読む本」という、お金の使い道について描かれた書籍が配られるのはご存じでしょうか?

わざわざ本を配る理由としては、宝くじで高額当選した人は皆、すぐに散財してしまいその後生活水準を下げることができずに破産してしまう人が多い傾向にあるためです。

一時的に大きな収入が入り生活が豊かになるかと思いきや、その逆でお金を粗末に扱い生活が困窮してしまうのはなぜでしょうか?

人は幸運で手に入れた利益は粗末に扱う傾向があり、この心理傾向を行動経済学では「ハウスマネー効果」と呼びます。

今回はハウスマネー効果について、お金を粗末に扱ってしまう人間の心理について記事にさせていただきました。

幸運で手に入れたお金は粗末に扱う傾向がある

冒頭でも話させていただいた通り、人は幸運で手に入れた利益を粗末に扱う傾向があります。

宝くじで高額当選すれば、計画性のない高額な買い物を次から次へと行い、またギャンブルで得た収入は元々無かったお金だからといい景気良くばらまいてしまいます。

実際にハロー効果を検証するための実験が経済学者のリチャード・セイラーらによって行われました。

まず半分の対象者に対し、下記のような質問を行いました。

Q1:あなたにとって好ましいのはどちらですか?

A:30ドルを手に入れる。
B:50%の確率で39ドルを手に入れ、50%の確率で21ドルを手に入れる。

この結果としてAを選んだ割合は57%、Bは43%となりました。

賭けをせずに素直に30ドルを手に入れる人が多かったのです。

続いて残り半分の対象者に対し、下記の質問を行いました。

Q2:あなたは今、30ドルを手に入れてるとします。好ましいのはどちらですか?

A:このままの状態。
B:50%の確率で9ドルを獲得し、50%の確率で9ドルを失う。

この結果、Aを選んだ人は18%に対し、Bを選んだ人は82%という驚きの結果がでました。

実はこの質問は、Q1とQ2で選択後に手に入れる金額は同じなのです。

しかしQ2のような状態に置かれるとハウスマネー効果により、人は進んでギャンブルを行おうとします。

人は支払う痛みが少なければ、リスクの高いお金の使い方を選択する傾向にあるのです。

支払い方法によってもお金の扱いは異なる

ハウスマネー効果によって、幸運で手に入れたお金は粗末に扱ってしまいます。

しかし、幸運で手に入れたお金に限らず、支払い方法によってもお金の扱い方の傾向は異なります。

代表例がクレジットカードです。

マサチューセッツ工科大学のダンカン・シメスター、ドラーゼン・プレレック両教授により、ある実験がこれを検証すべく実験を行いました。

実験内容は、バスケットボールのチケットを半数は現金、もう一方はクレジットカードで、両方ともオークション形式で購入するといったシンプルな実験です。

この実験は結果的に、クレジットカードで支払うグループのほうが、現金のグループよりも約2倍近い価格をチケットに付ける結果となりました。

この原因としてはハウスマネー効果の背景にある原因と同じで、現金を失うという心理的苦痛が現金払いよりもカード払いのほうが少ないためです。

人はこのように、実際の損益以上にその場で受ける心理的苦痛からお金の扱いを決めてしまう心理傾向があります。

ローン払いのような分割払いも心理的負担が少なく、実際は高額なものでも購入しやすくなる傾向がありますね。

最後に

今回はハウスマネー効果について話させていただきました。

人は心理的苦痛が少ないと、お金の扱い方が粗末になってしまう傾向があります。

お金は人生において選択肢を広げる武器であり、貴重な財産です。

心理面に左右されず、お金の使い方も合理的に考えられるよう心掛け生活をしましょう。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました