投資は「敗者のゲーム」勝ちに執着すると負けてしまう

誰しも、投資を始めるときには「絶対に勝ってやるぞ!」と息込んで相場の世界に足を踏み入れると思います。

しかし、投資は「敗者のゲーム」であり、勝ちに執着すれば執着するほど負けてしまうのです。

今回は投資が敗者のゲームと呼ばれるのはなぜか?また敗者のゲームで「勝つ」ためにはどうすればいいのか?について話します。

負けないために、勝ちに執着しない

敗者のゲームはよく「テニス」に例えられることが多いです。

例えばプロのゲームは、どちらが優れたサーブを放ったか?どちらがより優れたレシーブで返したか?によって試合の決着が決まります。

勝者側の起因によって勝敗がつくので「勝者のゲーム」になります。

一方アマチュアのゲームは、試合における点のほとんどはミスによる自責点であり、「どちらのプレイヤーのミスが多かったか?」によって勝敗が決まります。

このように敗者側が起因となり勝敗がつくものを敗者のゲームと称します。

実は、投資もこれに属する「敗者のゲーム」なのです。

仮に投資の必勝法を挙げるとするのであれば、どのような手法でもありません。
ただひとつ、「ミスをするな」これに尽きます。

ミスをしない=損失をださない

ということでは決してありません。投資におけるミスというのは俗に言う塩漬けであったり、自分が掲げている投資ルールを破る行為が相場ゲームにおけるミスに該当します。

相場はランダム性が含まれており、未来は必ず予測できないものになります。

未来が予測できない以上、本物の魔法使いでもない限り投資は「勝者のゲーム」になりえません。

非情な話ですが、誰かが相場に勝ったとき、それは相手側のミスプレイによって得られた利益です。

相場に勝利したとき、過信して「勝者のゲーム」と思い込んでしまうと自ら進んで「敗者」となり、ゲームの主導権を握らされることになってしまいます。

できないことはしない

ミスをしないために、まず自分のできることを明確にしできることだけやること

テニスに例えれば、アマチュアなのに全力のサーブをコーナーギリギリに攻めたり、滅多にできないようなことをしようとすることですね。

テニスであればいつかはプロになれるかもしれませんが、相場の世界ではプロになりうることはできません。

過去の私含め、相場に足を踏み入れてまずやることは「勝ち方」を探すことで、何種類ものインジケーターを表示して必勝法を探すなど、どうすれば相場に勝てるのか必死になります。

しかし、相場は「敗者のゲーム」なので勝とうとすると負けてしまいます。

現在私はチャートにインジケーターは一切表示させずに、トレンドラインを引くだけの極めてシンプルなトレードを実施しています。

その結果、ひたすら勝利に執着し何種類ものインジケーターを使っていた時期に比べ資産は着実に増えてきています。

ミスをしないためには、まずミスの原因となるものを失くすこと。

一番最強の手法は「トレードをしないこと」です。

わからないときにはトレードそのものを行わない。

やれることをできる時だけに行う。ミスをしないことに徹底するのが利益をだし、相場で生き残っていくための必勝法です。

まとめ

敗者のゲームに勝つためには、勝者になろうとしない。

敗者にならないためにミスをしないこと、ミスの起因となるものは排除すること。

利益をだそうと、ついつい勝ちたい意識が先行しますが、負けないように意識をしているといつの間にか結果はでてきます。

タイトルとURLをコピーしました