マイニングとは?暗号資産の基本【初心者】

2020年、ビットコインは2017年度の高値を更新し再びバブルが到来と界隈は賑わってます。おそらく、上昇に伴い新たに暗号資産への投資を始められた方も多いでしょう。

しかし暗号資産というものは実態が目に見えず、よくわからないものに投資してしまっている方が殆どなのではないかと思います。

今回は暗号資産の仕組みを語る上で必ず話にあがる「マイニング」についてわかりやすく記事にまとめさせていただきました。

マイニングとは承認作業

暗号資産の代表格ビットコインが、ブロックチェーンという技術の基に成り立っているのは、暗号資産にあまり詳しくない方でもぼんやりと知っているかもしれません。

ビットコインが取引されると、「いつ」「誰が」「どこで」といったような取引に関するデータがブロック上で生成され、それが数珠のようにつながり各ユーザー間で保管されます。

しかし、ブロックもただ生成されるだけでなく、暗号化されその情報に虚偽偽りがないことを第三者が承認する作業が必要になります。この、承認する作業が「マイニング」と呼ばれるのです。

▼ブロックチェーンの基礎についてはコチラ▼

なぜマイニング(採掘)と呼ばれるのか?

前項で、マイニングが承認作業だということはなんとなくわかりましたね。ではなぜ、採掘という意味のあるマイニングと呼ばれるのでしょうか?

実は承認作業のマイニングですが、これは非常に莫大な計算能力を必要とし、かなり高性能な機器、そして電力が必要になります。ブロックチェーンはユーザー同士で監視し合うものですからマイニングを行うのももちろんユーザーになります。

しかし、マイニングにはなんのメリットもないように思いませんか?そこで、例えばビットコインであれば、承認作業を行った者には一定の報酬が与えられるようになっており、むしろマイニングを行うことによってメリットがある仕組みになっているんです。

従って、承認作業は採掘作業という意味合いからマイニングと呼ばれるんですね。

マイニングを行う者らはマイナーと呼ばれ、中国では、マイニングを行う会社が設立されるほどです。

マイニングのみで生計を立てられている方もいるようで・・・夢のある話ですね。

タイトルとURLをコピーしました