プロスペクト理論を克服し、相場に勝つ方法【脱初心者】

プロスペクト理論とは、利益から感じる満足感と損失から感じる苦痛は比例しない人間の心理を説いたものです。

トレードによるプロスペクト理論の事例としては、含み益はすぐに利益確定してしまう、いわゆるチキン利食いに対し、損失には目を反らし塩漬けにしてしまうことがよくある例えです。

プロスペクト理論に従う限り人間は必然的に損大利小のトレードを行ってしまい、相場に勝つことはできません。

今回はプロスペクト理論を克服し、相場に勝つ術を記事にしました。

どのように克服すべきか?

プロスペクト理論を克服するためには、「プロスペクト理論」という心理を知る必要があります。

プロスペクト理論における心理効果は、簡単に言ってしまえば利益には敏感、損失には鈍感であるということです。


含み益は数pips下がっただけで、「利益を失うかもしれない!」という思いから利益確定を急ぎ、一方損失は出始めた頃は利益と同じ感じ方ですが、ふくらみ始めるにつれ鈍くなり、許容できるリスクを超えるまで一切痛みは増えないものとなります。

つまりトレードにおけるプロスペクト理論の克服とは以下の2つ

  • 利益を急ぎ、得られる利益を手放す行為
  • 損失をまだ耐えれるものと勘違いし、損切を先延ばしにする行為

上記2つに逆らうことができれば、「プロスペクト理論を克服できる」ということになります。

プロスペクト理論について、より詳細は以下記事を参照ください。

人間が投資をする以上、「プロスペクト理論」により必然的に利益は小さく、一方損失は大きくなってしまうものになりますね。

具体的な対処方法

プロスペクト理論に従う限り、人間のトレードは利小損大になります。

投資で利益を積み上げていくためには、当然ですが損小利大(損は小さく、利益は大きく)となる必要があります。

プロスペクト理論に逆らうためには具体的に、

  • 利益を小さくすること
  • 損失を大きくしてしまうこと

以上2つの心理的効果による行動に対処する必要があります。

それぞれの対処方法としては、心理的要因に疎外されないためにあらかじめ自身の行動に制限を付けることが重要です。

代表的な対策方法としては、「マイルールを明確にする」「投資ノートをつける」が良い対策になります。

マイルールを明確にする

曖昧な感覚でトレードを行ってしまうと、必然的にリスクは大きくなり、見合うリターンは小さくなってしまいます。

リスクを限定的にしリターンを得るためにはマイルールを明確にすることが大切です。

マイルールを曖昧にしてしまうと、ポジションの位置はもちろん、決済、損切ラインも適当なものになってしまいます。

マイルールを明確にしたうえでも、決済、損切を自身で行うと心理作用が働き判断を鈍らせる場合があります。

プロスペクト理論に逆らうために、ポジションを建てた際に、指値および逆指値をあらかじめいれておくことも非常に有効です。

指値、逆指値を有効活用しよう

人間の判断で決済を行うとプロスペクト理論によって誤った判断をする場合があります。

指値を用いたトレードだとしても、例えば指値に掛かる前に利益確定を急ぐ、また最悪な例として逆指値を動かし、損切されないようにするような行為です。

私自身も、決済は基本的に指値、逆指値を用いることにし、相場を見ていない時間が殆どです。

極端な話、逆指値を1、指値を2とすればそれだけで損小利大のトレードは実現できます。

決済ラインをあらかじめ決めておくことで、後々にプロスペクト理論の弊害を避けることができますね。

投資ノートをつける

投資ノートをつけることも、プロスペクト理論に逆らう手段として有効的です。

人間は「ピークエンドの法則」からも、都合良く記憶が形成されてしまいます。

トレード毎にどういったトレードを行ったのか、ノートに書き記すことでトレードの中で心理作用により非合理的な判断をしてしまった発見もでてくるかと思います。

トレード後に反省点がいくつか挙がり、マイルールを修正することもあるかと思いますが、自分の記憶はあまり当てにならないことを覚えておきましょう。

投資ノートをつける癖をつけ、トレードを客観的に振り返ることが大切ですね。

参考記事

最後に

プロスペクト理論に縛られる限り、人は損大利小のトレードを繰り返します。

しかし、それはプロスペクト理論を克服すれば損小利大のトレードを行えることと言い換えることが可能です。

プロスペクト理論を克服することで、トレーダーとしてかなり大きく前進することができます。

タイトルとURLをコピーしました