スマートコントラクトとは?わかりやすく解説してみた【暗号資産】

暗号資産を話すと、必ずブロックチェーンの話題が挙がります。この記事にたどり着く方であれば、ブロックチェーンを説明は困難にしても、なんとなくその仕組みを理解されてる方は多いと思います。

ブロックチェーンと言えば、暗号資産の代表格ビットコイン(BTC)ですよね。しかし次いで取引量の多いイーサリアム(ETH)を話題に挙げる際必ずこの「スマートコントラクト」というキーワードが挙がります。

私自身この言葉を見た瞬間は、さっぱりなんのことかもわかりませんでした。そしてブロックチェーン同様、実際に調べても中々頭に入ってこないのがスマートコントラクトです。

今回は過去の私と同じ境遇の方にむけ、スマートコントラクトをできるだけわかりやすく記事にまとめさせていただきました。

スマートコントラクトとは契約を自動的に実行する仕組み

もしあなたが、知人にスマートコントラクトってなんなの?と聞かれれば、「スマートコントラクトとは決められた処理を自動的に実行する仕組みだよ」と答えてあげてください。

しかし、それだけ言われても「え?」となりますよね。

スマートコントラクトを例える際に、自動販売機の例が挙げられます。通常商品を購入する際には、店員さんに金銭を渡し、そのお金を店員さんが確認したうえで売買が成立しますよね。

ところが、自動販売機では「商品を選択する」「金額を投入する」といった動作を行えば商品が自動的にでてくるようプログラムされています。自動販売機のように、あらかじめ決められた処理を自動執行するのがスマートコントラクトなのです。

もう少し具体的に解説してみる

では皆さん、スマートコントラクトについては大体は、ぼんやりとでも内容はわかりましたか?続いては少し具体的にスマートコントラクトについて話させていただきます。

スマートコントラクトはブロックチェーン上に処理をプログラムしておくことで、例えばA者とB者の間での売買が仲介者を介さず成立させることができます。

本来、売買をプログラム化しても通常のシステムであれば改ざんされるリスクなどから、結果的に必ず仲介者が必要になります。しかし、ブロックチェーンの特性を用いることで改ざんされるリスクがなく、仲介者を必要としない取引が可能になるのです。

スマートコントラクトのイメージ

具体的にかつ、わかりやすく言うなれば、改ざんが困難な自動販売機ですね。

▼ブロックチェーンについてはコチラ

スマートコントラクトのメリットは?

前項まではスマートコントラクトの仕組みについて話させていただきました。では、スマートコントラクトを用いることでどのようなメリットが存在するのでしょうか?

それは容易に想像できるかもしれませんが、

  • 自動承認による時間の削減。
  • 仲介者を削減することによる手数料の削減。

等が主なメリットになります。

また、更に細かく言うなれば、スマートコントラクトは任意の動作をプログラムできることから拡張性に優れていることも大きなメリットになっています。

話題になっているフレアネットワーク(Sparkトークン)でもスマートコントラクトが用いられてますね。

▼Sparkトークンについてはコチラ

スマートコントラクトによるデメリット

スマートコントラクトですが、一見改ざんのできない自動プログラムと聞けば、欠点のない素晴らしいものに感じませんか?もちろん、それは完全なプログラムであればブロックチェーンとの技術の掛け合わせにより素晴らしい価値があると思います。

しかし、ブロックチェーンの特性から、プログラムの修正が困難な点がスマートコントラクトの大きなデメリットです。通常のプログラムであればサーバー上のプログラムを更新すれば作業はすぐに終わります。

ところスマートコントラクトはブロックチェーン上に存在するため修正が困難なため、脆弱性が見つかってしまうとそこを突かれてしまうデメリットが存在するのです。

ブロックチェーンの特性ゆえのデメリットですね・・・

最後に

今回はスマートコントラクトについてわかりやすく解説、記事にさせていただきました。スマートコントラクトは拡張性に優れており、ブロックチェーン同様今後さらに活躍の場を広げていくであろう目が離せない技術ですね。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました